たんぽぽ茶を妊娠中に飲むとどんな効果がある?メリット・デメリット5選

たんぽぽ茶は妊娠中に飲むと、さまざまな効果があるようです。体にどんな影響があるのか気になったので調べてみました。すると、たんぽぽ茶を妊娠中に飲むことで、メリットもデメリットもあることが分かりました。いろんな効果がありましたよ。

たんぽぽ茶とは?

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根・葉・茎を乾燥させて煎じたものです。緑茶などと同じように、お湯や水で出して飲みます。ノンカフェインだから、妊娠中でも飲むことができますよ。これは妊娠中にカフェインを摂取すると、胎児にも影響がでる場合があるのです。カフェインを体内から排出するのに時間がかかってしまうため、血液を通じて胎児の発育が遅れてしまうこともあります。

だから妊娠中は、できるだけノンカフェインの飲み物を飲むことが大切です。しかし、いつも同じ味では飽きてしまいます。そんなときは、たんぽぽコーヒーもあります。たんぽぽの根を焙煎したものを濾してできますよ。焙煎しているから色がコーヒーに近く、苦味もあるためコーヒーが好きだった人には便利な飲み物です。たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーをうまく利用するといいですね。

たんぽぽ茶を妊娠中に飲む効果は?メリット5選!

たんぽぽ茶を妊娠中に飲むメリットは、ノンカフェインというだけではありません。他にもいろいろといいことがあるので、その中でも5つ紹介しますね。

鉄分が摂取できる

たんぽぽ茶には、ビタミン・ミネラルや鉄分が含まれています。妊娠中は栄養を、優先的に赤ちゃんが取ります。だからいつもより栄養を摂取する必要があります。それでなくても、鉄分は不足しやすい成分です。鉄分が不足すると、ママさんは貧血を起こしやすく、胎児にも栄養が送られないから、成長に影響があらわれることもあるのです。

鉄分は、レバーやひじきに多く含まれています。それでも食べ物だけでは、必要な量を摂取するのは大変です。その鉄分が、タンポポ茶を飲むだけで摂取できるのはうれしいですね。

むくみの解消が期待できる

妊娠中は全体的に血液量が増えるために、水分を体内に溜め込んでしまいます。すると腎臓に負担がかかり、働きが弱くなってむくみやすいのです。この溜め込んだ水分を外に出すと、むくみの解消につながりますよ。たんぽぽ茶に含まれるカリウムには、利尿作用があります。そのため老廃物や水分を尿として排出します。いらないものを出すと、肌荒れ解消の効果もありますよ。

便秘の解消が期待できる

妊娠中は便秘をする人が多い傾向にあります。それは妊娠初期のつわりで食事が食べられなかったり、運動不足になったりすることが原因で、腸の動きが悪くなるからですよ。便秘の解消には、食物繊維の多い食べ物を食べて、水分をこまめに取ることが大切です。だけど食べ物だけでは足りない食物繊維を、たんぽぽ茶から摂取できます。

たんぽぽ茶には、イヌリンという水溶性食物繊維が含まれています。便に水分を与えて柔らかくして、排便しやすくしてくれます。タンポポ茶を飲むことで、水分補給と同時に便秘の改善も期待できるのです。

血行が良くなる

たんぽぽ茶は、冷え性にも効果があります。これは毛細血管を拡張する効果があるため、血の巡りがよくなるからですね。昔から根の食べ物は、体を温めるというように、たんぽぽの根も、体をポカポカに温めてくれますよ。

出産後母乳の出る量がかわる

たんぽぽ茶を飲むと、母乳の出が良くなるという声があります。これはたんぽぽ茶の中にタラキサシンという、肝臓に働きかける成分が含まれているからです。肝臓で血液をキレイにするので、肝臓の機能が良いとキレイな血液が作られます。母乳は血液から作られます。ドロドロの血液では詰まりやすく、母乳の出も悪くなってしまいます。詰まりは、乳腺炎にもつながるため注意したいですね。

そのため、たんぽぽ茶を妊娠中に飲むことで、血の巡りが良くなり、出産後の母乳の出方に効果があらわれます。

たんぽぽ茶を妊娠中に飲むデメリット5選

たんぽぽ茶を妊娠中に飲むことで、便秘解消などのメリットがありました。ではデメリットはあるのでしょうか。

利尿作用がある

たんぽぽ茶は、むくみの解消につながりますが、それは利尿作用があるからでした。いらないものを出すのは、いいことです。しかし飲み過ぎると、トイレが近くなってしまうこともあります。1日に2~3杯が適量ですよ。

おなかが緩くなる

食物繊維が含まれているたんぽぽ茶は、便秘解消に役立ちます。しかし人によっては、おなかが緩くなることもあります。たんぽぽ茶の効果が、効きすぎてしまうのですね。そんなときは、薄めに出して飲むようにしましょう。

血圧が下がる

妊娠中は、高血圧になることもあり注意が必要です。たんぽぽ茶のカリウムは、血圧の上昇を防ぐ効果があり、高血圧には効果があります。しかしもともと低血圧の方は、血圧が下がってしまうことがあります。飲み過ぎには注意しましょう。

価格

同じノンカフェインの麦茶に比べると、たんぽぽ茶は価格が少し割高です。

スーパーで買えない

たんぽぽ茶は、お買い物のついでに、スーパーマーケットで気軽に購入できませんね。

たんぽぽ茶を妊娠中に飲むデメリットは、おなかが緩くなるなど効果が出過ぎてしまうことでした。これはたんぽぽ茶を薄めにすることや、飲む回数でコントロールできますよ。後は無理がありましたね。それだけたんぽぽ茶の効果には、メリットがあるということでしょうか。

まとめ

たんぽぽ茶を妊娠中に飲むと、いろいろ効果があることが分かりました。メリットは、不足しがちな栄養を補える、むくみ解消、便秘解消、血行促進、出産後の母乳の量があります。デメリットは、おなかが緩くなるなど効きすぎることでした。たんぽぽ茶は、妊娠中に適量飲むと、効果がいっぱいのお茶ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です