たんぽぽ茶の効果はいつ頃感じられる?何か月飲めばいいの?

たんぽぽ茶の効果は、いつ頃感じられるのでしょうか?母乳がでないときは、できるだけ早く実感したいですよね。効いてくるのが、いつになるか知りたい方のために、たんぽぽ茶を飲むと、効果はいつ頃感じるか調べてみました。何か月飲めばよいかも分かりましたよ。

たんぽぽ茶の効果は?

たんぽぽ茶は昔から、女性の不調に良い漢方として飲まれていました。たんぽぽ茶には、利尿作用やホルモンバランスを整える効果などいろいろあります。これらの効果は、たんぽぽ茶に、血行を良くして体を温める力があるからでした。

たんぽぽ茶には、鉄分を含んでいるので、血をつくる効果があります。またコリンには血液循環を、良くする成分があります。血の巡りが良くなると、体温が上がります。母乳は血液から作られていますよね。体温が上がって血液の循環が良くなることで、母乳が良く出るようになるのですね。

効果をいつ頃感じられる?

たんぽぽ茶を飲み始めてから効果を感じるのは、いつ頃なのでしょうか。今回は授乳に困っていて、たんぽぽ茶を飲み始めた方を調べましたよ。その結果、飲み方や体調によっても効果に違いはありますが、2週間くらいで効果を実感する方が多いようです。早い方では、数日で変化を感じた方もいました。遅いと3ヶ月たって、やっと実感したという方もいましたよ。

しかし、いつ頃効果を感じるかは、個人差がありますよね。たんぽぽ茶を飲んで、どのくらいの変化を望んでいるかにもよりますよ。母乳がでないときにマッサージをして、痛い思いをすることもあります。母乳が出なくて何度も分けて授乳をするのは、寝る時間が減ってしまいます。そんなときに、たんぽぽ茶を飲んで、つらい状況が解消されて、母乳が順調にでるように感じるまでの時間は、平均すると1ヶ月くらいかかっている方が多いようですよ。

だから効果を感じるまでには、少なくても2週間くらいは必要ですね。そして遅い方でも、1ヶ月で変化を感じています。母乳が出るようになると、出ないことにストレスを感じずにすみます。しかもたんぽぽ茶のカルシウムには、精神を安定する効果があります。育児の不安感が軽減されます。つらい気持ちが和らぐと、心に余裕ができますよ。まずは、たんぽぽ茶を1ヶ月続けてみましょう。

たんぽぽ茶の効果のある飲み方

たんぽぽ茶が母乳のために良いからといって、ガブガブ飲んでもいいわけではありません。利尿効果のあるたんぽぽ茶を、飲み過ぎると、トイレに何度も行くことになってしますよ。しかも水分を取っているのに、尿として出てしまうために、脱水症状を起こしてしまうこともあるのです。たんぽぽ茶は、1日に1~3杯飲むのが適量ですよ。またたんぽぽ茶は、血圧を下げる効果もあります。低血圧の方は薄めて飲むなど、自分に合う飲み方を探しましょう。

授乳中は、二人分の水分が必要だから水分補給が大切です。一般的に水分は、1日に1ℓ~1.5ℓ取るといいと言われています。しかし授乳中は、水分を2ℓ以上取ることが大切だと言われていますよ。そして水分は、できるだけこまめに飲むことがポイントです。一度に2ℓ飲むという方はいないでしょうが、2~3時間おきに飲むといいですね。そのなかで、たんぽぽ茶を1~3杯飲むようにするといいのです。

また、たんぽぽ茶の効果を実感するためには、飲み続けることが大事です。たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーを交互に入れることや、豆乳・はちみつを加えて、味を替えると飽きないですよ。そして授乳前から、たんぽぽ茶を飲むように習慣づけると、続けて飲むことに抵抗がなくなりますね。

まとめ

今回は、たんぽぽ茶の効果を実感するのは、いつ頃か調べてみました。血液循環がよくなるので、母乳が増えます。1~3杯のたんぽぽ茶を毎日飲むことで、2週間くらいで改善する方もいます。遅い方でも1ヶ月で変化しています。たんぽぽ茶の効果があらわれるのは、いつ頃になるのか、まずは1ヶ月飲み続けてみましょう。授乳前から飲む習慣をつけるといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です